【重要】新型コロナウイルス感染症にかかったと思ったら「帰国者・接触者相談センター」へご相談ください

新型コロナウイルス感染症にかかったとおもったら「帰国者・接触者相談センター」へご相談ください

八戸市では、新型コロナウイルス感染症に係る市民の皆様の不安を軽減するとともに、まん延をできる限り防止する観点から、次のとおり電話相談窓口を設置しております。

帰国者・接触者相談センターにご相談いただく目安

次の症状がある方は、帰国者・接触者相談センターにご相談ください。

  • 風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます。)
  • 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方

(注意)高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合、帰国者・接触者相談センターにご相談ください。

妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センターにご相談ください。

小児については、現時点で、重症化しやすいとの報告はなく、新型コロナウイルス感染症については、目安どおりの対応をお願いします。

お問い合わせ先 電話番号 受付時間
帰国者・接触者相談センター 0178-43-2291 平日8時15分から17時
(八戸市保健所 保健予防課) 0178-43-2111 休日及び夜間

相談後、医療機関にかかるときのお願い

  • 帰国者・接触者相談センターから受診を勧められた医療機関を受診してください。複数の医療機関を受診することは、お控えください。
  • 医療機関を受診する際には、マスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。

聴覚に障がいのある方をはじめ、電話での相談が難しい方

ファックス 0178-43-2329(保健予防課)をご利用ください。