新人教育サポート

基本的知識や技術を確実に習得し、看護師・助産師を生涯の仕事とする姿勢やより質の高い看護・助産を探求する心が育つように支援します。
当院の新人看護師教育体制は、各部署の教育担当主任看護師を中心とし、実地指導主任看護師が看護技術をわかりやすく、丁寧に伝授します。また、2年目看護師がプリセプターと称し、看護師としての日常生活の過ごし方や心構えを親身に相談にのってくれます。あなたらしい看護師への第一歩を順調に踏み出すことができるように、病院職員一丸となってサポートします。

2017年度に入職された新人看護師ときめ細やかな心配りのプリセプター、秘伝の看護技術を伝授する実地指導主任看護師、個性を大切にした教育プログラム立案のプロである教育担当主任看護師の声を2部署紹介します。

手術室

手術室 新人看護師 八木橋 真虹

私は2017年、手術室に配属となりました。入職したころは1つ1つが初めてなことばかりで不安でいっぱいでしたが、先輩方の丁寧な指導により手術室の雰囲気にも徐々に慣れ、できることが少しずつ増えています。日々成長できているのも、常に見守り、たくさんの時間を使ってわかりやすく教えていただいているおかげだと思っています。安全な手術看護を提供できるように日々努力していきたいと思います。

手術室 プリセプター 竹駒 萌愛

プリセプターとして半年が過ぎました。初めは未熟な自分に勤まるか不安でした。プリセプターをしてみて、一年目の時に自分がどれだけプリセプターや先輩達にメンタル面のサポートをしてもらっていたか実感しました。
私もプリセプティーの一番近い存在としてメンタル面のサポートをし、プリセプティーと共に学び成長していきたいです。

手術室 実地指導主任看護師 山田 文子

手術室に配属される新人は、器械出しからスタートします。多くの知識や技術を求められ大変だと思いますが、プリセプターと協力し支えています。毎日、実地指導者が一緒に学習し知識・技術を身につけ自身につなげていきます。
少しずつ成長していく事に楽しみを感じながら日々指導を行っています。

手術室 看護師長 金濱 由美子

毎年多くの新人が、希望と不安を胸に入職してきます。私たちは、その不安を自信に繋げていけるように教育担当として、実施指導者、プリセプターと協力し、個々の成長のお手伝いをさせて頂いています。私たちも共に悩み、考え、喜びを分かち合い、周手術期の患者さんのニーズに合った看護の展開、実践看護能力の取得、技術の向上に取り組んでおります。

西3病棟

西3病棟 新人看護師 久保澤 千春

西3階病棟に配属されて半年が経ちました。初めは病棟の流れを掴むのがやっとでしたが、プリセプターさんや先輩に付いて頂きながら少しずつできることが増えてきました。新人研修や病棟の勉強会も充実しており、多くのことを学ぶことができる環境であると思います。
先輩の姿を見て一つでも多くのことを吸収し、日々成長していきたいです。

西3病棟 プリセプター 村舘 幸歩

外科病棟で働き2年目になりますが、入退院や手術が多く、毎日目まぐるしい日々を送っています。そんな中でも、先輩方に優しく指導していただき、やり甲斐を感じながら楽しく仕事ができています。今年はプリセプターとして、指導やメンタルサポートを行いながらみんなで成長していきたいと思います。

西3病棟 実地指導主任看護師 田中 未来

現在当院では、2~3年目の看護師がプリセプターになるため、気軽に相談ができる先輩がいることで新人さんが安心して職場で働くことができるようになっています。また、仕事については私たち主任看護師を初めとする他の看護師みんなが成長を支えていってくれますよ。