薬局

薬局

院外処方せんの疑義照会簡素化プロトコールについてはこちら

薬局

私たちは医薬品の有効性と安全性のバランスが保たれるよう、EBMや医療経済性をふまえながら、医療チームの一員として質の高い薬物治療に寄与し高度医療を支えます。

薬局長  田村 健悦

業務のご紹介

薬剤管理指導・チーム医療

 病棟業務とくに入院患者さんへの薬剤管理指導を積極的に行っています。感染症やがん・精神領域等のチーム医療に参画し、また、ICUや救命救急センターでの薬剤師業務、外来での抗がん治療を支援する「薬剤師外来」、手術前の常用薬チェックを行う「お薬確認外来」等、病院の機能と役割に寄与する業務を展開しています。

画像1  画像1

医薬品情報管理(DI)業務

薬には効果や副作用、使用上の注意といった情報が日々追加されています。 常に最新の情報を集め、医師・看護師などの病院スタッフや、患者さんへ迅速に情報を伝えます。

一般調剤・注射薬調剤業務

医師から処方箋が発行されると、薬剤師は、お薬の使い方や量に問題がないか、他の診療科からの処方薬や注射薬、既にお飲みになっている薬と飲み合わせが悪くないか(相互作用)、重複していないかをチェックし、もし疑問がある場合には医師に確認(疑義照会)した上で、お薬を調剤しています。また、院内すべての抗がん剤の無菌調製をおこなっています。

画像1

製剤業務

製薬企業で製造販売していないが、治療上必要な薬を医師の依頼により製剤しています。 軟膏剤、坐薬や注射薬などがあります。

薬品管理業務

院内で使用する医薬品の購入と保管・品質管理・供給を行います。

また、血液製剤や麻薬・向精神薬、毒薬の管理を行っています。

人材育成

 各種学会や研修へ積極的に参加することで、高度な臨床能力を持った薬剤師を育成し、さまざまな疾患を抱える患者さんの薬物治療をサポートします。

八戸市立市民病院薬局に在籍する認定・専門薬剤師

  • 生涯研修認定薬剤師(日本病院薬剤師会)
  • 日本病院薬剤師会認定指導薬剤師(日本病院薬剤師会)
  • 感染制御専門薬剤師(日本病院薬剤師会)
  • 感染制御認定薬剤師(日本病院薬剤師会)
  • がん薬物療法認定薬剤師(日本病院薬剤師会)
  • 日本医療薬学会認定薬剤師(日本医療薬学会)
  • 認定実務実習指導薬剤師(日本薬剤師研修センター)
  • 糖尿病療養指導士(日本糖尿病療養指導士認定機構)
  • 漢方薬・生薬認定薬剤師(日本薬剤師研修センター)
  • 医薬品情報専門薬剤師(日本医薬品情報学会)
  • 栄養サポートチーム専門療法士(日本静脈経腸栄養学会)
  • 精神科薬物療法認定薬剤師(日本病院薬剤師会)
  • 抗菌化学療法認定薬剤師(日本化学療法学会)
  • 小児薬物療法認定薬剤師(日本薬剤師研修センター)
  • 緩和薬物療法認定薬剤師(日本緩和医療薬学会)
  • 日本DMAT隊員(厚生労働省)

保険薬局の方へ

院外処方せんにおける「疑義照会簡素化プロトコール」について

 平成22年4月30日付厚生労働省医政局長通知「医療スタッフの協働・連携によるチーム医療の推進について」を踏まえ、院外処方せん(麻薬を除く)の疑義照会簡素化プロトコールを平成30年5月1日より発効します。

本プロトコールは八戸市立市民病院と(一社)八戸薬剤師会との合意によるものです。対象は(一社)八戸薬剤師会会員薬局(以下のリストを参照)ですので、確認の上運用するようお願いいたします。薬局リストは(一社)八戸薬剤師会ホームページにも掲載予定です。

プロトコール適用後の変更内容のFAX報告は一両日中にお願いします。

※(一社)八戸薬剤師会会員薬局以外で本プロトコールへの参画をご希望される保険薬局は、当院薬局(0178-72-5111、内線1422)までご連絡ください。趣旨や各項目の詳細について説明をお聞きいただいた上で、合意書を交わすことを必須としております。