形成外科

形成外科のご紹介

形成外科は、病気や外傷により失われた体表面の機能や形態を、元に近づけたり、新たに作ったりする科です。主に以下のような疾患を治療しています。

1.外傷、外傷後後遺症(顔面骨骨折、熱傷を含む)

体表面の傷は、形成外科で治療します。擦り傷、切り傷や熱傷(やけど)、重症の全身熱傷、交通事故やスポーツなどでの顔の骨折も治療します。事故や手術の傷跡が目立つ場合や、顔の骨折により変形が残った場合などの後遺症の治療も行います。そのほか褥瘡(床ずれ)、糖尿病性潰瘍、下肢の血管病変による潰瘍など、治りにくい傷の治療、手術も行っています。

2.腫瘍、腫瘍手術後変形

体表面のほくろ、いぼや皮膚がんなど、良性、悪性の腫瘍をできるだけ機能や形態を損なわないように治療します。また、乳がんの手術後の乳房再建など、他の科の手術で失われた体の一部を作ったりもします。

3.体表先天異常

生まれつきの体表面の異常は形成外科で治療します。口唇裂、口蓋裂、耳の形の異常、手足の形や機能の異常などがあります。赤あざ、青あざ、黒あざなど皮膚の異常の治療も行っています。

診療受付時間・外来診療担当医のご案内

診療受付時間

形成外科の診療受付時間と休診日は下記となります。

診療受付時間のご案内
診療受付時間 木曜日 午前8:30~午前11:45
休診日 月曜日・火曜日・水曜日・金曜日・土曜日・日曜日・祝祭日・年末年始(12月29日~1月3日)

外来診療担当医

形成外科の外来診療担当医は下記となります。

  • 色文字の氏名は紹介予約診療担当医を表します。
  • 担当医変更のお知らせは、こちらの担当医不在のお知らせページでご確認ください。