脳神経外科

脳神経外科のご紹介

 東北大学を基幹とする研修施設として日本脳神経外科学会専門医かつ指導医の2名(うち、1名は漢方専門医・指導医取得、他1名は日本脳神経血管内治療学会専門医・指導医および日本脳卒中の外科学会技術指導医を取得)が、診療と研修医の指導にあたっています。
さて当科では、脳卒中(くも膜下出血、脳出血、脳梗塞)の急性期、脳腫瘍(原発性および転移性)、頭部外傷、その他、頭部の手術を必要とするすべての疾患を対象に診療しています。
くも膜下出血では、患者さんの臨床所見と脳動脈瘤の所見を総合的に判断して、開頭クリッピング術を行うか、血管内治療(コイル塞栓術)を行うか、治療方針を決めています。当院ではどちらの治療法も可能で、近年のデバイスの進歩に伴い血管内治療が増加傾向にあります。
脳出血に対しては意識レベル・年齢・血腫量に応じて、低侵襲である神経内視鏡を用いた血腫除去術を行い、早期離床を図っています。
脳梗塞急性期では、救命救急センターと連携し、tPA を使えない症例や無効例に対し血管内手術(血栓回収術)を行い良好な成績を収めています。また、症候性の高度脳血管狭窄症に対し、経皮的脳血管形成術(PTA)を行う場合があります。
脳腫瘍では、術中ナビゲーションシステムを用いて病変の正確な摘出部位を特定したり、腫瘍を蛍光色素で発色させるなど、安全かつ確実な手術を行っています。また、脳表電極を用いた術中神経モニタリング(MEP、SEP)で、脳機能に障害がでないような工夫を行っています。転移性脳腫瘍は、近年の平均寿命の伸びと癌治療の成績向上とともに、増加傾向にあります。特殊な場合を除き、放射線治療が中心となります。多発転移の場合、当院で全脳照射を行いますが、小さく少ない転移巣・脳深部の転移巣の場合、鈴木二郎記念ガンマハウス(宮城県大崎市)と提携して定位的放射線治療(ガンマナイフ)を行っています。
なお、漢方による急性期治療も行っています。脳疾患急性期を乗り切り、理学療法や言語療法が必要な場合、地域連携パスを積極的に利用して、急性期から慢性期まで途切れのないリハビリを推し進めています。
ちなみに、平成28年の手術実績は以下の通りです。
総数288件で、脳動脈瘤頚部クリッピング:26件(破裂:23件、未破裂:3件)脳出血32件(うち神経内視鏡下手術:8件)、脳腫瘍:30件、頭部外傷:13件(うち慢性硬膜下血腫:7件)、血管内手術:126件(コイル塞栓術:32件、経皮的血管形成術:34件、血栓回収術:55件)、水頭症:25件、その他:36件となっています。

 平成29年の時点で青森県内の脳血管内治療指導医は2名だけです(当院と弘前大学医学部附属病院)。脳血管内治療専門医の資格を取得するには指導医の元で修練する必要があります。当院は症例が多く若い医師が経験を積むにはとてもいい環境にあります。

診療受付時間・外来診療担当医のご案内

診療受付時間

脳神経外科一般外来の診療受付時間と休診日は下記となります。

診療受付時間のご案内
診療受付時間 月曜日・水曜日・金曜日 午前8:15~午前11:00
休診日 火曜日・木曜日・土曜日・日曜日・祝祭日・年末年始(12月29日~1月3日)

外来診療担当医

脳神経外科の外来診療担当医は下記となります。

  • 色文字の氏名は紹介予約診療担当医を表します。
  • 担当医変更のお知らせは、こちらの担当医不在のお知らせページでご確認ください。

担当医師のご紹介

私たちが、八戸市民病院の脳神経外科を担当しておりますので、宜しくお願いします。

病気についてや症状でお悩みの方など、お気軽にご相談ください。

川村 強 (かわむら つよし)
所 属 科 脳神経外科
出身大学(教室) 東北大学(脳神経外科学講座)
卒 業 年 平成元年
専門分野 脳神経外科一般、漢方
コ メ ン ト 日本脳神経外科学会専門医・指導医
日本脳卒中学会専門医
日本神経内視鏡学会技術認定医
日本東洋医学会専門医・指導医
五戸町出身ですので遠慮なく方言をお使い下さい。
毎週木曜日、「漢方サポート外来」をやっています。
脳疾患以外にも患者さんの様々な訴えに対応していきます。
漢方専門医取得を目指す専攻医も受け付けています。
鈴木 一郎(すずき いちろう)
所 属 科 血管内脳神経外科
出身大学(教室) 山形大学(東北大学脳神経外科学講座)
卒 業 年 平成8年
専門分野 脳血管障害、脳血管内治療、脳卒中の外科
コ メ ン ト 日本脳神経外科学会専門医・指導医
日本脳神経血管内治療学会専門医・指導医
日本脳卒中の外科学会技術指導医
厚生労働省臨床研修指導医
脳血管障害に対して開頭手術とともに脳血管内治療を積極的に行っております。脳血管内治療は脳血管の病気に対して、皮膚を切ったり骨を外したりすることなく、血管の中からアプローチする手術方法で、近年飛躍的に発展してきております。脳血管障害に対してより良い治療を提供しこの地域の皆様に貢献できるよう努力して参ります。
大沢 伸一郎 (おおさわ しんいちろう)
所 属 科 脳神経外科
出身大学(教室) 東北大学(脳神経外科学講座)
卒 業 年 平成18年
専門分野 てんかんの外科、脳血管障害、脳血管内治療
コ メ ン ト てんかん外科を始めました。難治性てんかんでお困りの方はご相談下さい。