後期研修医募集について

新専門医制度に関する当院の方針について

 平成29年度開始予定の新専門医制度に関して、当院では専門研修プログラム申請を予定しております。現時点での当院の方針についてお知らせします。

基幹施設としてプログラム申請する領域

※プログラム内容・募集定員・連携施設として申請する領域については詳細が決まり次第随時お知らせします。

病院見学申し込みはこちらから

【お問い合わせ先】

平成29年度 後期研修医 募集の概要

「八戸市立市民病院後期研修へようこそ」

臨床研修センター所長  今 明秀

八戸市立市民病院での後期研修は大学病院での研究生活とちがいます。有り余る症例の中にどっぷり埋もれながら、有能な臨床医を目指す人を待っています。9時5時の生活はできません。かけがえのない、自信を身につけることができます。八戸市立市民病院のことをもっと知りたい人は、「プリベンタブルデス。防ぎ得た死」(龍田恵子著・CBR社)をご一読ください。熱いハートが伝わるはずです。

八戸市立市民病院の理念

八戸市立市民病院は市民の生命と健康を守るため、常に医療の質の向上に努め、患者中心の恕いやりのある医療を提供します。

八戸市立市民病院後期研修の3mission

mission 1
八戸市周辺地域医療のリーダーシップ
→臨床医学のリーダーの育成
mission 2
青森県および国内への医療貢献
→危機的状況にある小児科、産婦人科、救急の専門医の積極的育成
mission 3
次世代医療者の育成
→医師人生を設計する手伝い
 普遍的な倫理を学び広い視野で専門診療ができる臨床医を育成する

研修内容

  • 卒後3年次から7年次は志望する専門領域で研修する。
  • 救急ERコースを希望するものは、自由に他の診療科を選択し研修することも可能。
  • 産婦人科、小児科医は広い視野で専門診療できることを目標にする。
  • 6年次は専門医試験を受験する。
  • 7年次には比較的処遇が良い地域病院へ出向して腕を振るうこともできるし、大学などの研究施設で研究を開始することもできる。国内国外留学を応援する。
  • 8年次には八戸市立市民病院での常勤の道がある。

研修プログラム

内科 後期臨床研修【内科】(1.25MB)
外科 外科研修プログラム(221KB)
小児科 小児科研修プログラム(562KB)
産婦人科 産婦人科研修プログラム(109KB)
家庭医
下記のとおり

処遇

臨時医師扱い。3年次は給与65万円程度。学会出張費年間30万円。

募集要項・申込書

募集要項 申込書
募集要項(140 kB) 申込書(59KB)

ハロー!家庭医(青森県東部家庭医療後期研修プログラム)後期研修募集

当院は平成24年4月より日本プライマリ・ケア連合学会が認定する家庭医療専門後期研修プログラムを開始、平成26年11月にはVer.2 認定を取得しました。
本プログラムは3年間のカリキュラムで、研修修了によって日本プライマリ・ケア連合学会が認定する家庭医療専門医試験の受験が可能になります。

家庭医療学専門医が運営する診療所での研修に加え、八戸市立市民病院での救命救急と周産期医療の研修をミックスした、「頼もしい家庭医」の養成を目指すプログラムです。

広大な土地に住民が点在している青森県では医療機関の集約化に限界があり、ある程度の医療ニーズを現場で解決できる体制が求められています。言い換えれば、家庭医が最も活躍できる土地柄と言えます。しかし指導体制の不足などから、県内でプライマリケアを専門とする医師養成は需要に応じきれていませんでした。

そうした現状のなかで当院は、八戸市医師会の協力を得て家庭医育成を本格的に開始しました。家庭医の活躍が期待される土地であり、また国内でも屈指の自然を誇る青森県で、家庭医療を存分に学ぶことができるプログラムです。

2013年度ポスター

プログラムの特徴

本プログラムは、家庭医療のコアである ACCCC を重視しながら、救急と周産期を強調したカリキュラムに特徴があります。

 青森県には都市から離れた地域が多く、出産や子育てが住民の大きな課題です。そして何より夜間や休日の急な傷病は、地域住民の最も大きな不安材料です。
つまり、救急や周産期の領域で安心を提供することは、地域で暮らす人々に大きな支えとなるのです。喜ばれる医療は、医師にとっても大きな充実感があります。
へき地だけではありません。いつ・どんな環境でも、可能な手段を駆使して「何とかする」のも家庭医療に求められる機能です。都市部でも、総合病院内でも、家庭医療を学んだ医師は活躍できますし、潜在的に大きなニーズがあります。

カリキュラム概要

プライマリ・ケア連合学会のVer.2 認定が規定する3年間の研修プログラムが基本です。

schedule_2013

総合診療+総合内科+救命 + 診療所1デイバック  15ヶ月
周産期(産婦人科)+小児 + 診療所1デイバック 6+3ヶ月
診療所ブロック研修    + 病 院1デイバック  6ヶ月
総合診療(緩和医療科)  + 診療所1デイバック  6ヶ月

※1デイバックとは、診療所/病院に週に1日勤務する仕組みです。

待遇など

当院臨時医師扱いです。詳細は、お問い合わせ下さい。

指導医紹介

◯プログラム責任者

千葉大(八戸市立市民病院 救命救急センター・総合診療科)

◯協力医療機関指導医

小倉和也(はちのへファミリークリニック院長)
松岡史彦(六ケ所医療センター 所長)
船越 樹(六ケ所医療センター 医師)
米田輝樹(十和田市立十和田湖診療所 所長)

見学

施設見学&指導医との懇談を企画しています、お気軽にお問い合わせください。

リーフレット

プログラムを紹介するリーフレットを作成しました。
PDFデータでダウンロードできます
リーフレットPDF

Facebookページも運営してます

アカウントをお持ちでない方も、ぜひご覧ください。

【お問い合わせ先】